カラナビ事故、死者22人に

2013年09月26日 09:41

El Deberの記事
ボリビアラパス県のユンガス地方で起きた事故による死者数は、22人となった。

事故が起きたのは、カラナビから29キロのレオン橋付近だ。
山側から崩れた土砂が走行中のミニバスとワゴンを襲ったものだ。
ミニバスは70メートル下の谷に転落し、ワゴン車は土砂に生き埋めとなった。

この事故による死者数はさらに増え、22人となった。
この土砂崩れを受け、ユンガス地方の交通事業者らは、ボリビア道路管理局(ABC)を告発する動きを見せている。
一方、この事故の直後、コリパタでも事故があり、3人が死亡した。

カラナビ、事故で19人死亡(9月25日)



最近の記事