クスコ空港、コカイン摘発

2013年09月27日 08:17

Perú21の記事
ペルークスコの空港でコカイン4キロが摘発された。

摘発があったのはアレハンドロ・ベラスコ・アステテ空港だ。
警察はイタリアの37歳の男性観光客を逮捕している。
この男性は、衣類の下などにコカインを隠し持っていたという。

男性はリマホルヘ・チャベス空港に向かおうとしていた。
動きに不審な点があることから係員が質問し、薬物を持っていることが分かったという。
この男が、リマ到着後どこに向かおうとしていたかは分かっていない。



最近の記事