議席減3県、ゼネストへ

2013年09月27日 09:52

Página Sieteの記事
ボリビア下院議会の議席が減らされる3県は、ゼネストを準備している。

ボリビアでは昨年11月21日、全土でセンソ(国勢調査)が行なわれた。
この結果をもとに、下院議会の各県の定数配分が、あらためて行なわれる。
人口が増えたサンタクルス県で3議席が増える一方、ポトシチュキサカベニ各県は1議席ずつ減らされる。

この議席を減らす3県は、これに抗議するため、ゼネストを行なうという。
スクレのモイセス・トーレス市長は、ゼネスト突入が10月1日になるとの見通しを示した。
この3県と各地域行政、市民団体は連携し、議席減を回避するため、協力し合うという。

サンタクルス増、ポトシなど減(9月26日)



最近の記事