オイル漏れ、盗難が原因か

2013年09月28日 06:21

El Universoの記事
エクアドル北部で発生したパイプラインからのオイル漏れは、盗難が原因とみられる。

この事態が起きたのは、コロンビア国境のスクンビオス県、ラゴ・アグリオだ。
パカヤクのプエルト・ヌエボ付近で、オイルが漏れているのが発見された。
調べによると、地域に敷設されているパイプラインから、漏れていたという。

警察の調べで、何者かが中を流れるオイルを抜き取ろうとし、パイプラインを傷つけた可能性が高いという。
この状況などから、コロンビアの麻薬組織の関与も疑われている。
このパイプラインはペトロアマソナスが敷設したもので、リベルタドールの油井から産出された原油を送るものだ。



最近の記事