トゥクマン、学校で発砲

2013年09月28日 06:48

La Nacionの記事
アルゼンチントゥクマンの学校で発砲があったという。

事件が起きたのはリベルタドール・ヘネラル・サンマルティン学校だ。
この学校に通う15歳の男子生徒が、課外授業中に発砲したという。
この銃弾は、同じクラスの16歳の男子生徒の頭部にあたった。

撃たれた生徒はトゥクマン市内の病院に運ばれている。
病院によると、重傷を負っているものの、命に別状はないという。
撃った生徒は、撃たれた生徒からいじめを受けていたとみられ、その報復だった可能性がある。



最近の記事