LAN、押しやられる

2013年09月28日 06:54

La Nacionの記事
LANアルゼンチンは、ブエノスアイレスの空港で、隅に押しやられた。

この事態が起きたのは、ホルヘ・ニューベリー空港(アエロパルケ)だ。
主に国内線が発着するこの空港は、国内空港でもっとも忙しい空港となっている。
LANは、チェックインカウンターがターミナルAから、Bに押しやられるという。

LANに対しては、アルゼンチン政府からの嫌がらせともとれる、扱いがあったばかりだ。
この空港から撤退し、エセイサ国際空港か、サンフェルナンド空港に移るよう命じられたものだ。
しかしLAN側は司法に訴え、この空港からの退去命令については、無効となっている。

それでもLANに対する弾圧的姿勢は変わらず、チェックインカウンターの位置が、より条件の悪い場所に移動させられることとなった。
アルゼンチン政府は、国営となったアルゼンチン航空への肩入れを続けている。



最近の記事