司法、あらためてLANを支持

2013年09月29日 06:36

Clarín.comの記事
アルゼンチンブエノスアイレスの司法は、あらためてLANアルゼンチンの立場を支持した。

ホルヘ・ニューベリー空港(アエロパルケ)からの立ち退き問題だ。
アルゼンチン政府はLANに対し、この空港から撤収し、エセイサ国際空港などに移るよう指示した。
しかしLAN側はこの指示を不服とし、司法に対し訴えを起こしていた。

司法はLAN側の主張を認め、アエロパルケを継続して使用することを認めた。
また政府が狙う、この空港をアルゼンチン航空の専用とすることについて、否定的な見方を示している。
LANの立ち退きがあれば交通体系が影響を受け、また多くの雇用が損なわれると警告も発した。



最近の記事