CBBA、花卉の拡大

2013年09月29日 08:31

Los Tiemposの記事
ボリビアコチャバンバ県では花卉を大幅に増産する計画が示されている。

コチャバンバ県は、国内最大の花卉の産地となった。
現在、同県産の花卉は、ラパスサンタクルスオルーロスクレなど国内各地に流通している。
県側は、この花卉生産をさらに60%程度増やす計画を示した。

同県は熱帯地方を含む温暖な気候で、花卉栽培に適している。
さらにホルヘ・ウィステルマン空港をベースに、航空貨物の上でも立地が優れている。
今後、国内のみならず欧米やアジアなど、国外市場への本格的輸出の可能性もある。



最近の記事