エルアルト、偽札団

2013年09月29日 09:10

Página Sieteの記事
ボリビアラパス県のエルアルトで、偽札を製造していた一団が摘発された。

エルアルト警察が明らかにしたものだ。
市内の複数の住宅で、この一団は100ボリビアーノ札を偽造していたという。
今回の警察の摘発により、合わせて6万1100ボリビアーノ分の偽札が押収されている。

今回摘発された一団は大がかりで、偽造された紙幣はすでに市中に流通しているとみられる。
警察によると、ラパス市内やオルーロコチャバンバサンタクルスでもこの一団のものとみられる偽札が発見されている。



最近の記事