グアヤキル、救助犬の育成

2013年09月30日 06:20

El Universoの記事
エクアドルグアヤキルでは、救助犬の訓練が行なわれている。

グアヤキルの消防が、17匹の犬について現在、適正を調べているところだ。
これらの犬は、災害発生時などに瓦礫や土砂の中からの、人の捜索にあたる。
専門の犬を訓練するのは、これが国内では初めての取り組みだ。

今回はグアヤキルと、サリナス、クエンカの消防が、この救助犬訓練に参加している。
訓練は、すでに実績のあるスペインの団体の協力で行なわれている。
犬の訓練だけでなく、こうした犬を育てる人の技術についても、伝達が行なわれることになる。



最近の記事